IT'S SHOWTIME!!
私が観たライブや演劇の感想(REVIEWなどではなく、あくまでも感想・笑)を中心とした日記です。
昔のものはWeb日記や記憶を元にちょこちょこと書き込んでいますが、
未記入のものも多いですし、古いほどいい加減です(^^;
また、ネタバレもありますので、お気をつけ下さい。

∴SELECTED ENTRIES
∴CATEGORIES
∴RECENT COMMENT
∴RECENT TRACKBACK
∴LINKS
∴PROFILE
ご用の方はこちらの メールフォーム からどうぞ。
∴OTHER
ヨーロッパ企画第20回公演「Windows5000」
THEATER/TOPS/L列5番

作・演出/上田誠  美術/酒井善史、井上能之、大歳倫弘  照明/松谷將弘  音響/上田誠、井上能之  舞台監督/水波流  映像/諏訪雅、大見康裕、山口淳太  演出助手/松田直樹  文芸助手/松田暢子  運送/ステージアーツ  宣伝美術/坂井奈穂、丹原康博  制作/井神拓也、諏訪雅、仲井華子、三縄直子、本多力、吉田和睦、吉永祐子  企画・製作/ヨーロッパ企画
出演/石田剛太、酒井善史、角田貴志、諏訪雅、土佐和成、中川晴樹、永野宗典、西村直子、本多力、松田暢子、山脇唯、中西武教(ジュース)
全然行く気はなかったのに、何かの文章を読んで絶対行かなきゃという気になった。
それが何だったのかはもう定かではないんだけど
多分、不動産とか物件という言葉に惹かれたんじゃないかと(笑)
でも、チケットは発売済で東京公演はすでにSOLD OUT。
当日券に並ぶしかないか…と思いだした頃に救いの神が現れ
本日の観劇と相成りました。

ステージは白い幕に覆われていて、開演前にはDVDの宣伝が流されてた。
何だか映画を観に来たみたいで面白かったけど、ちと長かったかな。
宣伝が終わると、その幕にPCの画面が映し出され、映像と会話だけで話が始まる。
これだけでも結構面白かったんだけど、幕が上がって現われた建物にビックリ。
想像を絶する間取りと、そこに住む人たちの生態はかなりツボだった。
このゆるゆるっとした笑いは好きだなぁ。
出演者たちが役者っぽくないのが、尚良し。
でも、これまたちょっと長いのが難で、生態観察はもっと短くても良かったと思う。
映像を挟んでのラストは、やられたーという感じ。
あの間取りが雲梯と滑り台を利用していたなんて想像もしなかったよ。
少し前に似たようなニュースが流れてたけど、
そこからヒントを得てこの話が作られたのかな?


<< 戻る
観劇 > 2006年 | posted by Naolin | comments (1) | trackbacks (1)
コメント
THEATER1010関連で検索したらこちらにたどり着きました。
私は金曜夜の公演を観ました。
あのオチは反則だ〜って心の中で叫びました(笑)
鈴之助 ::: 2006/03/30 22:44
コメントする





この記事のトラックバックURL
http://showtime.sakura.ne.jp/blog/sb.cgi/921
トラックバック
京都の劇団ヨーロッパ企画の第20回公演に行ってきました。ここ数年小劇場系は遠ざかっていたので、この劇団を知ったのは昨年の映画「サマータイムマシンブルース」。本広監督が映画化したこの作品はヨーロッパ企画のオリジナル劇が元です。タイムマシンを手に入れたSF研のヤローども。リモコンのためうだるような暑さの...
どかでら日記 ::: 2006/03/30 22:40