IT'S SHOWTIME!!
私が観たライブや演劇の感想(REVIEWなどではなく、あくまでも感想・笑)を中心とした日記です。
昔のものはWeb日記や記憶を元にちょこちょこと書き込んでいますが、
未記入のものも多いですし、古いほどいい加減です(^^;
また、ネタバレもありますので、お気をつけ下さい。

∴SELECTED ENTRIES
∴CATEGORIES
∴RECENT COMMENT
∴RECENT TRACKBACK
∴LINKS
∴PROFILE
ご用の方はこちらの メールフォーム からどうぞ。
∴OTHER
PARCO歌舞伎「決闘!高田馬場」
PARCO劇場/L列8番

作・演出/三谷幸喜  補綴/今井豊茂  美術/堀尾幸男  照明/服部基  舞台監督/松坂哲生  企画/佐藤玄(パルコ)  制作/安孫子正、岡崎哲也、真藤芳一、中里毅(松竹)、大竹正紘(パルコ)  宣伝美術/河野真一  宣伝写真/岡田貴之  製作/松竹株式会社  企画/株式会社パルコ
出演/市川染五郎、市川亀治郎、中村勘太郎、市川高麗蔵、松本錦吾、澤村宗之助、市村萬次郎

<STORY> 中山安兵衛は、大工の又八ら長屋の人々の情けにすがって生きていた。すねて酒びたりで、叔父・六郎左衛門が託した手紙も見ようとせず、旧友の右京には、堕落の原因を問いつめられる。しぶしぶ読んだ手紙には、果たし合いに向かう叔父の胸中が記してあった。安兵衛は仲間に激励され、果たし合いのある高田馬場へ向かう。
三谷さん初の歌舞伎作品ということで意気込んでチケットを取ったものの
行くのが面倒になって嫁入りさせようかとさえ思ってしまったほど(^^;
でも、せっかく手に入れたプレミアチケットなんだから…と行ってみた。
いわゆる歌舞伎とは違うところもあるんだろうけど
歌舞伎を観るのは3度目の超初心者の私でもすごく楽しめて、
ホントに行って良かった〜。
席も下手後方だったので舞台はやや遠かったけど、全体が観られたし
下手側通路が花道代わりだったので役者さんを近くで観ることも出来たし
カーテンコールでのスタンディングオベーションも大納得。(もちろん、私もした)
それにしても、歌舞伎役者さんたちは本当にすごい。
あの身体能力、早変わり、一人何役もの演じ分け…、観ていても感心するばかり。
しかも、休演日なしのほとんど毎日マチソワをこなしている訳で
ああいう人たちが映像やら舞台やらに進出してきたら
普通の役者さんは並大抵のことじゃかなわないだろうな〜なんて思ってみたり。

↓にリンクさせていただいた方々の感想を読んで分かったことも多々。
もう少し色々な感想を読ませてもらってから、WOWOWの生中継を見てみようっと。
きっと、新たな発見があるに違いない。


<言及ブログ>
酒と芝居の日々: PARCO歌舞伎 『決闘!高田馬場』 初日感想
花鳥風月 : PARCO歌舞伎 決闘!高田馬場@PARCO劇場
きょうのよかったこと - PARCO歌舞伎
So-net blog:劇場の天使:PARCO歌舞伎・決闘!高田馬場
お気楽草紙: PARCO歌舞伎・壱
new雑記帳: PARCO歌舞伎 決闘!高田馬場
エンタメ牧場 : PARCO歌舞伎 決闘!高田馬場


<< 戻る
観劇 > 2006年 | posted by Naolin | comments (0) | trackbacks (0)
コメント
コメントする





この記事のトラックバックURL
http://showtime.sakura.ne.jp/blog/sb.cgi/924
トラックバック